留学をする前に知っておくこと

留学は未知な国で知識を増やせる大変希望に満ちた学習方法の一つです。

夢を持ちたくさんの人が年齢や男女問わずいろいろな国へ留学できる時代になりました。



特に、語学留学は現地に行って周りに日本人がいない環境で生活をすることが一番の早道です。


初めの2週間はホームシックと意思の疎通ができず引きこもりのような状態になり、勉強しに来たつもりが病気になるという日本人も多く、初めて行く場合、環境や風習を調べていく必要があります。

一般に日本と外国は考え方や環境や特に、治安がちがいます。

エキサイトニュース情報はこちらに集まります。

なんかい行っても理解に苦しむことが多く、自分をしっかり持って、流されないように、何をしに留学をしているのかを忘れないことが大切です。

受け入れてくれる学校では、日本人は人気があり親切にしてくれますが、それに甘えていると、どんどん入ってきます。


とてもフレンドリーなのですが、自分中心個性を伸ばす教育を受けていますから、裏切られたとおもうことがでてきます。

おおざっぱなので時間や約束はまもれないこともあるのです。
その割に、授業時間、授業での自分の意見、遊び方など、日本では想像できない集中です。

その場合他人への配慮はありません。つまり、待っていたら一人ぼっちになるということです。

ブラックジョークを相手の気持ちなど考えずどんどん言ってきます。



正しく育ってきた日本人にはきつく感じられ、もう付き合いたくないと思うでしょう。
しかし、フレンドリーで、前向きな人が多い外国です。
あそびにいくならよいでしょう。